2019年02月09日

私の彼女は校長です

私とSong Yaruがなぜガールフレンドになるのか誰にもわからない。

パーティーとしてでさえ、私はかつて信じられないことを感じました。私とSong Yaruの世界は2本の平行線のように見えたことは明らかです。私は人気のファッションと化粧品に興味があります、そして、Song Yaruの大学生活は図書館の素晴らしい本でいっぱいです。

要するに、私は美しい女性です、ソンヤルは才能のある女性です。

才能あふれる女性、ソンヤルは有名な「勉強暴君」で、新入生が学校に進学していないときには、すでにこの名前に傲慢でした。

私が期待していなかったのは、彼女が初めてSong Yaruを見たこと、そして彼女が私をうまく捕らえたことです。学校の日、私が寝室に着いたとき、最後の6つのベッドは隅に残っていました、そしてそれはいまだに上層階であり、私の気分は非常にイライラしていました。私の母は私を慰め、それが私の住んでいるところと同じではないと言った。

この時、私の下の寝台で眠っていた少女は、もしあなたが上の寝台が好きでなければ、私はあなたとそれを変えるつもりだと言った。
https://www.rabudoll.com/female-doll-03601.html
彼女が悔い改めるのではないかと恐れて、私はすぐに頭をチキンのように向けた。 「ありがとう」と言った後、彼女はすぐに完成したキルトを上段に移動するのを助けました。

彼女が "校長"のSong Yaruであることに後で気付いたとき、私は私の目を広げて信じられないように尋ねました: "あなたは本当にSong Yaruですか?"

彼女は微笑んで私に答えた:「それでも偽物はありますか?」

架空のSong Yaruは、フレームメガネをかけ、昔ながらの服を着て、笑ってはいけません。彼女は普通に見えるが彼女に会えるが、彼女の性格は明るく、そして彼女の目は自信に満ちている。

彼女に対する私の憧れは川のようにすぐにある。 "Schoolmaster"はよく学んだだけでなく、寮で眠って眠ることができるくらい親切で、本当にラッキーだとわかりました。

美しい女性として、すべての人生の歩みから儀礼を提供するために男の子が不足することはありません。大学生活は始まったばかりで、花や軽食は時々寮に送られます。私は皆に軽食を分かち合うように挨拶しました、彼らは皆体重を増やすことを恐れているという言い訳で辞めましたが、拒否には裸の束縛がありました。
https://www.rabudoll.com/140-158cm-love-doll.html
Song Yaruだけが喜んで私と共有したいと思っています、食べた後、私は私に思い出させることを忘れないでいます:「一日中、この毛深い子供たちのグループに気を取られてはいけません。

誰が本当に彼女によって言われると予想されます。

再審査は大学では大した問題ではありませんでしたが、誰がこれを美人にしたのでしょう。寮の他の人の目から見て、私は美人であることの深い無力さを最初に理解しました。

幸い、Song Yaruがあります。今日から、私はデートに出かけたり、遅く眠ったり、日中は授業を省略したり、夜間に私と一緒に図書館に行ったりすることはできません。再審査に合格するまで、自由を再開することができます。

私が実際に読書計画を実行するとき、私は何が惨めであるか理解できます。私がSong Yaruと複雑で面倒な多数の問題について話したとき、彼女は鉄と鋼を嫌いました。「なぜあなたはそのクラスを真剣に聴かなければならないのですか。彼女はまた、問題を理解するという考えを私に慎重に説明しました。


私の人生で初めて、私は欲求不満を感じました。多分Song Yaruは正しい、私の美しさは一時的なものであり、その知識は永久的な富です。だから私は私が年をとる前に自分自身を豊富にする必要があります。

それで、再テストに成功した後、私はSong Yaruの小さなフォロワーになりました。彼女の影響を受けて、私もこの問題を真剣に考え始めました。
今日、Song Yaruは世界のトップ500社の上場企業で働いています。彼女はまだ十分に美人ではありませんが、私は彼女がいつも穏やかな雰囲気を持っていることを認めなければなりません、彼女は私に私にハードで自信に満ちた人生が決して悪くないと信じさせます。そして私は、かつて少年たちの中で非常に浅く、彼らは全世界を所有していると思ったが、実際には、彼ら自身がより良くなることによってのみ、彼らはより良い世界を持つことができる。

私はとても幸運で誇りに思っています、 "勉強"しているガールフレンドがいます。彼女のおかげで、私の人生はもっと安全になったようです。

タグ :彼女


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。